収益物件の考え方B

収益物件の見方として収益物件の資産価値(積算評価)と収益性があ

りますが、大切なのは物件の担保価値よりも収益が持続的に確保でき

るかどうか。たとえば接道が広い道路ではなく狭い道路、土地が所有

権ではなく借地権、構造が鉄筋コンクリートではなく木造、鉄骨にす

るなど、考え方をまったく変えてみることもひとつの手。そもそも

益件物件
は利回りのよい資産運用として物件を購入するわけですか

ら、建物の購入金額があまりに高くなってしまっては意味がないので

見方を変えることも必要。

また、購入予定の収益物件近くの、事業予定地、大きな空地、駐車場

は将来的に大規模な建設物が建つ可能性があり。また、近所に地下鉄

ができる予定とか敷地が計画道路や区画整理等にかかる物件は、将来

建物の建替時期に新築価格の保証金が入っていたり、税金が殆どかか

らない等のメリットがあったりするのでそのあたりチェックしてみよ

う。


この記事へのコメント
突然のコメントで失礼いたします。
ブログを拝見させていただきまして、是非とも協力をして
いただきたくコメントという形で、ご連絡をいたしました。
当サイトは「ブログで繋がるコミュニケーション」をテーマに
参加していただくブロガーの皆様を幅広く募集をしています。
ランキングを楽しんだり、さまざまなブログを拝見したり、
ブログを持っている方々のコミュニケーションの、
一つの引き出しとして、その場を提供したいと考えています。
当サイトの検索バーの横にブログの登録フォームがあります。
お手数をおかけいたしますが、ご賛同いただいて、ブログの登録を
御願いできれば幸いでございます。
是非、御願いします。こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
なお、こちらのミスで謝って、再度、ご連絡をした場合。
また、全く興味のない方は削除されてください。
Posted by magazinn55 at 2007年11月19日 04:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67343995

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。